丹沢 中川 イデイリ沢



 家を出たとき、雲の無い澄んだ青い空だった。今日は良い天気。
 嵐の前とは言うが。
 電車が伊勢原を通りかかるころ大山には雲が湧いていて、渋沢を通過すると一面が雲に覆われ、それも何時降っておかしくないようなモクモクと速く動く雲となった。……大丈夫かなあ。
 遅れることなく順調に新松田へ…改札が中学生で混んでいたのでJRの乗車券は乗務員での精算を改札で指示されてホームに出てみると、当然ながら富士山は雲の中だった。
 代わりに……たいへん失礼… ardbegさんとAYさんがこちらを見て「やっぱり来たね」とニコリとした顔で迎えてくれる。
 彼らは東沢へ、私は中川の畑地区のイデイリ沢へ行く。

 帰りの時刻を確認した小塚バス停の案内板が雨粒でしっかり濡れている。通り雨が直前に降ったのだろう。
 それから観音堂横の橋の上から目的の沢をのぞき込む。
 そしてため息をつく。
 出来るなら声は歓声の方がよいのだが、ここから見える沢の様子は全くもって「あ〜あ」と呻くより他無い。
 なぜならば
 両岸は高さ3mくらいのコンクリート壁で作られていて、その上に2mの石積壁が続く。間に幅40cmのコンクリの縁が付いている。石積上の縁からは夏草が下に覆い被さっていて、中の縁も割れ目の隙間から生える草が強く生えているので、そこが歩けるようには思えないし、強行するならば覆い被さる草の下の僅かな空間をかけずる事の出来るイタチがネズミの類にならなければならないのだが、身体を伸縮自在に操るようなことが出来るはずもなく、生身でここを入っていくのだと考えるだけでも気が滅入ってしまう。左岸側石積壁の先はそれぞれの家の庭先なので、他人が無断で踏み込むのは憚れる。右岸側は激しく草木が這えていて地面を確認するのも難しいくらいだから入るのを躊躇ってしまう。
 橋のたもとのお堂にお住まいの観音さんよ、なんとかココならないか。
 なんなら千社札を百枚なら貼る労を惜しみませんよ。但し、今は手持ちがないので、次に来るまでの暫しの間は口頭の約束手形にてご容赦をくださいな。情けがあるなら書き物なく裏書きも無しならお断りだなんて言いっこなしで叶えてくれまいか。お頼申します。
 なんてな空念仏を唱えている暇あったら、ちょっとは対応を考えたほうがましだ。
 辻の角に列んだ三体の水神さんに「今日はよろしく」と願を掛ける。
 バス停から温泉入り口方向に百mくらい歩いた山側への間口一間くらいで開いた道が、橋からの入渓をパスを可能とするこの沢への入り口である。
 道が奥に入って行く様子を見て、
 これってグーグル地図でそうなっていたのを昨日確認してから分かったことなんだけれども、入り口両角の家を過ぎると直ぐに一面の茶畑となり、道はその真ん真ん中を通っていて、山に入る直前が丁字路になって、そこから湯ノ沢方向を見やればヤシチ沢の頭から中川温泉までを一望できる見通しの良さに10秒間だけ見とれて、それからイデイリ沢方向に歩を取る。
 百m程歩き、沢に当たる前の建物跡地のような平けた地でコンクリ道は終わり、夏草の生い茂る石敷きの歩きを30mだけ行うと、蛇篭石で両岸を護岸されたイデイリ沢に着く。このように道を選べば他人様の軒先を歩くことなく、藪漕ぎも蜘蛛の巣も無く、快適に沢に入れることになる。

 砕けた面がむき出しになった石が敷き詰められたようなような河原を歩く。一個目のコンクリート製の砂防堤の下には集水用タンクが備えられていて、砂防堤本体から伸びている何本ものホースをここに集めて再び送り出している。でも送り出し側の4インチホースが3m先で外れていて、集めたはずの水が再び野に放たれている。ここらの集水設備は前回(2004年)もそうだったが使われていないらしい。或いは水の要る時期だけホースが接続されるのかは不明だ。樹脂製のホースやタンクそのものは自然耐候性が強くて全く劣化を感じない。
 タンクの横から獣のつけた踏み跡のような所を面倒だなとつぶやきながら伝って大きな砂防堤の上に廻る。

小滝の上に石積堤 同じようなのが二つ三つでてくる。



 上に石積堤が乗っている小滝は中央を越える。
 秋になった。
 雲はあっても合間に見える空は青く澄む。と言っても気温も本日は気温は高いので手先に水を受けて簡単な滝を登るのは楽しい。
 石堤で行き先を遮断されて溜まった砂の上を歩く。最初の二俣では右の支流に多くの水が流れ、左は水は無いが沢幅の広さと奥の深そうに見えることから、こちらが本流であることを間違うことはない。
 水も徐々に増えてくる。砂と石の河原だったのが岩床に代わり、いよいよ沢歩き気分も良しだとなる。でもそれは瞬間だけで続かず、再びコンクリ製の大きな砂防堤が見えてくる。20mくらいの高さがあるだろう。
 取水設備のあった最初のコンクリ堤の巻き道は快適ではなかったから、こちらも用心しなければ。急になってしまうと思われる堤直前手前の30m程の場所から前の右岸に取り付く。堰上の放水位置と同じくらいの高さまで上がってから堤方向に水平に寄っていくと、間が露岩溝で切れていて渡りがたい。それで上方向に5mほど移動してから岩場を下る遠回りを行って堤の上に乗る。
 そこから下を見ると、堤直前の左側斜面は急だが、砂地であり、上から虎ロープが下りていて、そのロープが早めに巻きに掛かった者に対して「や〜い 臆病者」 「見ただけで怯えてしまって逃げだし、直前でキチンとルート確認しないから遠回りして危ない目にもあうんだ」と揶揄しているように言っているように見える。

 何らかの警告なんだろうが、なぜここにと言いたくなるように、堤を登り終えた地点と堤上にはロープが張られ「通行禁止」と表示されている。

 ゴツゴツとした緩い傾斜の滝は、大まかな岩角を使って簡単に登る。次の滝では大まかさは減るが、しっかりと掴める岩角があって楽しく登れる。

12m滝 登れそうだがきつそうでもある。
右側手前10mから巻いて左岸の仕事道に入って巻く



 そして12m・二段滝の下へ
 おそらく
 おそらくと書いたってのは、登ってないことの証明だ。
 登り出せば登れる。一寸強がりだけど。
 但し、実際に強気になれないのは滝の角度がきつめであるのもあるが、それ以外に手掛かりとなる岩角のどれもこれもが全部が全部少しだけ下を向いていて、それ一箇所だけで体重を支えるのには無理がありそうに感じられるってことからだ。5mくらいの高さなら、それくらいなら無視しても良いが、それが十mを越える範囲で全面となると自ずと慎重方向の行動に入ってしまうのは凡人マシラにとっては、誰にはばかることがあろうか当たり前だ。
 前回、ここは左側(右岸)を巻いた。滝の左手前から上に食い込むルンゼ状の横断がとても面倒であり怖く感じたと前回の記録には書いてあった。昨日読んでいてそこが強く印象に残っている。他はあんまり。左岸には道が付いていたことも思い出した。
 当然ながらその巻き道である。ただ滝の15m程手前から開始したので、小尾根上の踏み跡道に合流するまでの斜面登りは気を抜けるような安易さはない。無いが、まあ慎重ささえ失わなけば危なくはない。小尾根から沢に戻るための導入道には一寸だけ古いが十分に使えると思われる7m/mナイロンロープのフィックスが30mに渡って付いていて、それに石積堤の上を通過する箇所は樹脂製踏み込み板と鉄パイプでできた鉄板道である。この間に小滝と石積堤を各一個を合わせて巻く。

 その先のゴツゴツした感じの小滝を一つ越えると、それまで黒っぽかった岩質が白の石英閃緑岩に変わる。水が流れ、水に磨かれて岩床が輝く。
 イデイリ沢はマイナーな沢だ。山で仕事する人以外は滅多に人の入らない沢に違いないと思う。
 でも岩質は悪くない。
 所々肝心なところの岩は剥がれやすいという欠点はあるらしいが、それはそれに遭遇してみるまでは分からないことだ。
 このまま行けばいい。

 水の流れる岩床の上を歩く。小滝を登る。難しいように見える所も、近づいてみれば手掛かりはある。
 このまま行けばいい。
 そう思う端に石積堤が出てきて歩調が乱される。
 だいぶ奥まで来たはずなのだからもう堤は尽きて無くなっても良いじゃないかと。

 人が入ることは少ないらしいとは書いたが、この沢は里にある。少し泥水が出るだけでも流域の人家には影響が及ぶ。人家に被害が出なくとも引水を使う農業に影響が出る場合が多い。だから人家の見える場所の山中の至る所で、堤が築けそうな地形のところには昔から堤を築いてきて、その勢いは平成の時代でも全く衰えを見せない。構築技術はますます進歩して何処だって作ろうと思えば築けない地はなくなった。
 他方、人の自然をなすがままに受け入れる現代人の寛容さは今の生活&今の安全第一神話の中で脆弱さを指数関数的に減じ、浜の真砂は尽きても盗人のネタは尽きぬの石川五右衛門の問答に例えても劣らないくらいに堤を作る場所は無尽蔵に増殖するだろう。
 だから、遠くない将来には水の源から丹沢湖まで頑丈な堤が10m間隔でズズズッと連なって、そこから先の相模湾には百m間隔で大堰が伸びてつながるだろう。これは決して夢ではない。夢が悪夢となるか希望となるかはあなたに委ねよう。新規構築を制約する条件は今や資金だけだ。それとても今の生活第一と百年先の曾々孫に背負わせてしまえば、始末についてはわしゃ知らんがまかり通る世の中なのだ。
 それでも大水は出て、被害も出る。


 その堤は5m程の小滝の上に立っている。合わせて巻いてしまおうかと見えたときには考えて巻くなら右側からとまで決めていたのに、滝の下では滝らしいところをここまで登ってないから登れるなら登ってと考え直した。これは間違い&失敗だった。
 ホールドは小さい。それを補うように滝には倒木が掛かっていて、でも使えそうなのは落ち口の下2mくらいの高さに留まっていて、もしも倒木の上でホールドスタンスがなかった場合はやっかいそうには思った。
 だが、まずはそこまで行ってから考えようと早い話が登ることにした。
 外形した小さなスタンスだが木を支えに使える。それで倒木丸太の端の上に乗ることはできた。そこで背伸びする。ここからはエッジ状に上に伸びる岩角が左手の支えになるのだが、掴むと岩はボロボロと砂になって落ち体が傾かないようにバランスには使えるが、引きはがし方向には引っ張れないのが分かる。それでも足をおいている滝本体部分の岩はしっかりしていて、特に水の流れるところは僅かな窪みに過ぎないがグリップ感が良いのがとても助かる。掌を置いた岩が30番のサンドペーパーのような摩擦感を伝えてくれるのも良い。それで登れたが、もしも何かあって下ろうとしたならば、登るようには上手くいかないだろうとも感じた。
 小滝の上には石積3mが連続する。この石積みが登れないのだ。石がびっしりと整えられていて隙間無く足を置くことも出来ず、表面も平らにならされてるので掴むところがない。

二つめの小滝と石積堤
小滝は丸太の上に乗ってそこからはフリクションで 手掛かりの岩はボロボロだ。
上の堤は登るのは難しい。
堤を巻くとなれば岩続きのこの滝の下までの落差を気にしないとならなく、とても厳しい。


 この石積みは巻かねばならない。
 が左右岸とも急な斜面で「あちゃあ 嵌められた」
 罠に掛かった獣の心境って分からない。だけど困ったことになったが分かるからこそ無謀であっても捕らえられた猪は檻の鉄棒に向かって突進する。足かせを引っ張って、足が引きちぎれても逃げる意思が保てている限りは逃亡の企てを繰り返す。
 さあ、ここはどうしたらいいのか。
 さっきの滝を下らなくちゃあならないのか。だめだ、それ。

 右岸
 滝上に続くランペ状は、岩の上に砂が薄く乗っていて落差も登る分だけ高くなって危なっかしい。それでも可能性があるならと3mだけ登ってみたが、体が怖さに怯えてそこから先には行けなかった。
 左岸
 ここは急だ。行くなら下の滝方向に続く砂のバンド状だが、ここだって露岩の上に僅かに砂が乗っているだけの傾いた岩が本体で、恐ろしさの大きさなら先ほどの右岸の十倍のレンジとなるだろう。行けそうもない。

 そうなったらどうするんだ。
 下れないぞ!登れないぞ!
 こうなってから下の滝を登なければと後悔するが遅い。とても遅い。

 でも、捨てる神あれば救う神ありが八百万の神で形成されている日本なのである。
 滝直近左岸に木の根っこが落ち口の高さの更に上からまっすぐ降りて手の届く位置で止まっているのが一本あった。φ10〜15mm 揺すってみると生きているようだ。ただし、根っこの中間が3m上の岩の隙間に食い込んではいるようだが、それ以外は一番上だけでつり下げ加重を保っているらしい。下からはそこらは分からない。だから体重を掛けた場合に抜けないという保証はない。もしも見えている範囲の5m程の中の一部が部分的にでも腐っていたら肝心なところでブチッと切れる可能性も十分ある。そういう事があっても3mの所迄であるならば大事ないだろうと、他に手が無ければリスクは総て甘受してを使うのだ。
 そうは覚悟しても垂直面を登るのに足がかりなく、その木一本の根っこだけを手の力だけで登っていくというのは気持ちがよいものではない。3m登ったところの一歩はハング気味でもある。それを乗り越えて根っ子を掴み直す。更に2m登って木の根っこはなくなる。
 もう2m程のぼって、あの根っこを垂らしているらしい立木にタッチしたときは「やれやれ」とホッとする。


イデイリ沢 大滝 二段目を含めて全体を眺め見るには50m以上離れないとなあ
写真の右側に見えるランペ(傾斜路)状を登り、
小さなハングは岩の中のただ一本の木を頼りに乗り越して写真中央の落ち口に寄っていくのだが
怖くて寄り切れない。そのまま斜面を上に伝って二段目中段で滝の中に入る。

 沢に戻り、少しだけ歩くと大きな滝が前に見えた。
 下の段は幅広く、水量は少ないが15m程の高さがある。そこから少し間を於いて、いくらか狭まった感じの上段が下の滝の上に乗っかるように積みかなさって続く。12m。
 遠目には確かに二段の大滝だが、本体下に近づくにつれて上の段が見えなくなるのは間が開いているのと、上の段の傾斜が下に比べれば緩いことからだ。
 上の滝が下の段の下からは見えず全部を近くで見通す事が出来なくとも、広いスラブの滝の薄日に当たって白く輝いているのを見上げれば「かっこいい滝」の一言もでるだろうって!
 ただし、滝をじっくり見るよりは、どうやってこれをパスするかの方に気が行っていたらしく、シャッターは何枚も切ったが家に帰って画像を見てみればピンぼけ写真ばっかりだった。
 滝の本体は直に登るのは用具無しには出来ない。残置っぽいのも見えない。
 右側から一段目の落ち口に向かっていくランペ状に入る。登ること自体は難しくないが、脆いと言われている岩なので一つ一つの触る岩角は手で揺すってから使う。大丈夫と思っても下にだけまっすぐ曳くだけに使う。三点確保は絶対。そうだと動けないステップもあるけどその場合は原則はあくまでも原則としてと例外ありにする。横に走る10cmの小ハング状部は岩の上に一本だけ立つ立木を頼りに登る。もぅ一本根っ子から腐っている。そして落ち口横の砂の斜面に着く。
 ここから左に向かって3mトラバースすれば落ち口の小釜の縁に着く。
 でもこのスラブ岩には欠けている溝もクラックもなく、下の滝本体との接触点で角度を変えた分だけ屈曲しただけで上下につながり、上の段の落ち口に伸びる一枚岩なので、このトラバースが今回は出来なかった。

二段目の様子。
ここから左によって滝の中に入る。
寄らずに不安定な砂地を直上して落ち口に出るよりは
滝本体の岩のフリクションが使える分だけは安全だと思う。



 前回は岩の上に乗る砂が少なく、岩のフリクションが期待できたのだろう。
 高いところだ。無理はしない。いやいや一段目の落ち口の横3mにいると言うことだけでも十分無理しっちゃっている。

 二段目落ち口に伸びるスラブを辿り、真ん中付近まで登ったところで右手の露岩に上に行くのを押さえられ、二段目の滝中にトラバッて入る。
 二段目は傾斜がいくらか下より緩いので水が流れる中の小さなスタンス・ホールドを拾って登る。登っている高さは高いがフリクションが良いので怖さ無く、気分は良い。

緩い傾斜の岩床がしばらく続く。
フリクション良く、とても快適だ。


 見上げれば空に突き上げていく感じのゴツゴツした感じの小滝と磨かれた白い岩の岩床が続く。難しいのはもう無い。何カ所かそんな気分を壊すように倒木が沢を塞ぐ。いずれも通り抜け可能な程度の空間があって通過に手間はほとんど掛からない。

 そして奥の二俣

 敢えてここで本流と言えば右手である。はっきりしている。沢幅広く沢床低い。でも左には小滝が掛かり水が流れている。この小滝は登らなくてはならない。だから左俣へ入るのだ。
 その小滝、もう一歩の所でスタンスがはずれて下に滑った。石屑などない岩床の滝なので何事も起こらない事を前提で登っているのだからやり直す以外には何もない。二つめの2m小滝は左側の木を使って脱げる。他の滝は前回の記憶が全然なかったが、この逃げた場所では前回もそうしたと思い出した。変哲の無いこの場所のことだけを何故思い出したのだろう。

奥の二俣の左側にはスラブの小滝が二個連続する。
一つめは足が外れて下まで滑るがスライダーのように安全だから心配なし




 山の泥が谷間に押し込まれ固まって石となったような岩床の上を歩く。倒木が多くなる。でも詰めの最後、沢が無くなるまで岩床はむき出しのまま続く。
 そんな岩床の岩を貫いて立つ椎系の木の三本の根っこから清水が染み出した水を飲んで
 
 程なく、作業道に突き当たる。この作業道を右に行けば地形図上のP770m(標高点で無し)、P666mを経て中川温泉から山側に伸びる林道の末端付近に降りると見ているが、その意の通りに下れたことはまだ無い。良かった道が進むに従って薄くなり、そのうちに見失ってしまって強引に歩いた結果のニアはある。どこかに作業道の踏み替え点があるのだろうがそれが分からないらしい。

 だから作業道を左に行く。
 ここらは前にこの道を歩いたときにはとても良い道だったと思っているが、本日では草に埋もれる道に変わりつつあった。手入れのされない作業道は秋のつるべ落としと同じくらいの感覚で道は自然に帰っていくらしい。

 バスを降りたときには空一面雲だったが、尾根を下る段ではいくらか青空が出ていた。
 台風余波の雲は動きが速く、山の天気も直ぐに変転する。
 屏風岩山まで行って景色を眺める気分にはならず、本日はこれで帰ることとする。

 そして笹子沢への道を下る。そのまま笹子沢へ
 ところがP680m(標高点ではない)の小ピークを右方向に行くのが本道だとは知っているが、右に行きすぎると二俣の上下に降りてしまうと云う経験が頭をもたげ、それならともっと早めにという気持ちが左へと方向転換させてしまったんのだ。
 考えは悪くなかったが、少しだけタイミングが早かった。


P467mから切れ切れ時々だけ残る仕事道を繋いで
下っていくとコンクリ防護壁で覆われた沢に掛かる鉄橋が見えてきた。
全く前後に道形なく使われている気配は木の根っこの上で砂に埋もれ掛かった登山マップのみ
それを鉄橋に広げてみたが誰の所要物だったんだろう。



 鹿柵沿いの崩ろく細く落ちたらと心配するような頼りない踏み道を伝い、行き先が藪になりそうなので鹿柵を乗り越えこえて尾根の上に乗る。

 さあ…ここらは…何処?。歩いたことがあるような、無いような。
 傾斜の緩い細めの稜線を歩く。緩く鞍部に下り、緩く登り返して杉の林の中の小ピークへ(P467mらしい)。ここから先は踏み跡が分からない。腰付近までの夏草が密生して足下も見えず。でも不整地ではないし、足に絡むような枝も落ちていないから構わず歩けばいい。杉の林間の向こうに遠く見えるのは遠見山だ。下に見えないが家があるようにも感じる。

 尾根状を無くした山中に道跡のようなのも無いわけではないが、とぎれとぎれで長くは続かない。
 そんなのをつなげて歩くと下に小さな沢と、それに掛かる幅80cmの鉄橋が見えた。イデイリ沢/三時間前に入った林道終点の少し下流である。
 橋の手前は道形はまったく無しの藪だが、木の根本に雨に流れてきたらしい土が乗った登山地図が一枚落ちていて、ここを誰かが歩いた跡だとは分かる。
 藪を体で突っ切るようにして鉄橋に着く。

 コンクリで固められた沢沿いの岸は歩けない。それで岸の肩を乗り越えたら民家の庭先に入ってしまう。
 洗濯物が干されていないから無人かと玄関前まで行ったら車のエンジンが掛かってる。今から出かけるところらしい。
 こういう民家の前を「コンニチハ」の一言で通過できるような厚い面の皮あればどんなに都合が良いだろう。

 みそや醤油、米を頻繁に借りに来た田舎のお隣のことを思い出す。
 今は成功して他所に豪邸を構えてると聞くが、貸した物を返していただいたことはなく、移っていってからは全くの他人様で行き来はないし行き来したいとも思わないが、それはそれ、貸したときにこちらとしては上げたものと思っていたのだからとそれで良いと最近は大惚け気味の母が元気な頃には言ってた。
 厚かましく生きれれば違った世界があったに違いない……そうは思っても出来ない。

 そんな厚かましくても大声で「ごめんなすって」と挨拶が出きればまだ良しだが、無断で走り抜けるなら猪か何かに勘違いされてズトンと一発喰らうかも知れない。橋のたもとの家の前に軽トラが止まっていて犬が吠えているのに以前通りかかったことがある。そこの家の主人は山仕事も生業としていて、時に鉄砲撃ちのリーダーでもあるのだ。鉄砲持ってる姿で山でも出会っている。そんな彼だから怪しい物音に向かって雨戸の内側から既に構えているかも知れない ぞ〜っ。 <これはご主人の名誉のために言っておくが、ありえない冗談>
 いつまでも庭先に立っているわけにはいかない。さっさと退散しよう。


 鉄橋に戻る。
 でもどうすば良いの?ここから?
 小塚バス停は百m先なんだが、
 どうやって抜け出るのか。

 前後を見渡して、でも 鉄橋はあっても山道は歩く人無く総て藪の中だし、他端は民家の庭となっていて、前後は全く使われていない。再び沢の奥に向かっていく気もなければ、降りてきた藪に戻る気もない。

丹沢湖を中川側から見れば水位が下がって
これを機会にと浚渫作業もされているようだ




 行き先を無くした獣がやむなく方向を定めるように橋の鉄板を手かがりにしてぶら下がって沢に降りる。コンクリートで堅めれらた道のような暗渠状の沢を中を歩く。観音堂の先で川床が3m落ち込んでいるので小塚橋の横からコンクリ護岸の壁を3m登る。この登りが本日一番の労力も技術も必要な登りだった。
 ふ〜 最後が疲れた。鉄橋・小塚橋 難儀した。
 丹沢湖の水位は中川上流から見ればかなり下がっている。あしがら荘のバス停付近に県の宿泊可能な研修センターが少し前まであったように覚えている。そこの建物テニスコートが更地になっているのに気がついた。11月の駅伝のための訓練を行っているらしい高校生が走り行き来している姿を見ながら落合館の前まで行ってバスに乗る。

前回のイデイリ沢 2004年4月25日

 自宅6:25〜本厚木6:51〜松田7:23〜谷峨7:48〜小塚橋8:20〜12m滝9:00〜イデイリ沢の大滝9:30〜ラスト二俣9:45〜仕事道9:55〜P467m〜観音堂10:40〜丹沢湖まで歩く11:15〜谷峨11:47〜新松田12:05〜本厚木12:40〜自宅13:00 20120929 曇り
頁トップへ  マシラのHP