前回が松田7時23分発の電車に乗り遅れたので、用心して一本前の小田急に乗った。
 これだと余裕がありすぎて、なんだ先週と同じではないかと、ベンチの隅に座って時間をつぶすことになる。造り酒屋の屋根の上の富士山が先週よりは鮮明に見える。空は夏色が濃くなった。
 学校が夏休みに入り、山に行く人が増えるシーズンだ。谷峨からは立ち席かな。
 と思ったのは早とちりだった。電車中にいた山登り姿の人は谷峨で降りることなく、そのまま電車は行ってしまう。彼ら彼女らは富士山にでも行くんだろう。
 谷峨で降りた人は多かった。でも多くはゴルフ場の常連さんと、中川方面にスポーツ合宿に入るらしい先生に生徒たちで、山の格好の人は一人か二人くらいと少なく、バスに乗っている人たちの格好も山に行く人はごく少数だったように見える。
 夏の暑い時期に丹沢の山に登る人って少ないのだろう。まあ、人に夏だからといって山に行くことを強要するのも何だし、俺は行きたいから行くのでほかに理由はない。それに時はあっという間に過ぎてしまう。そうなんだよと思ってるとなにかと忙しく、人の趣味になんかにかまっている暇はもてない。

 勘淵沢に行ってきた。
 世附から番ヶ平に上り詰める小さな沢である。滝はあるように聞いているが、それがどんな様子なのかが分からないとなれば、ちょっとは気になる。たとえ見る場が無く空振りで何も無くともそれはそれで良し。

 先日の台風の影響で番ヶ平から河内川方向に下ってくる位置の平山地区には避難勧告が出たとかのニュースがあった。その余波か収まりきっていないのか、酒匂川・河内川の水には砂が混じった状態で普段の倍以上の量で流れている。翌24日に自転車で行った宮ヶ瀬の水はこうは濁っていなかったから、大雨は県西部に集中したらしい。
 河内川支流の沢の水は清流に戻っているが、水量はこれまた普段に倍して流れていると見える。橋の欄干からのぞき見る梯子段沢から聞こえてくる水音がそう言っていた。

 世附大橋を渡り、対岸を渡り、世附隧道をパスする。
 稜線の上に少しだけ見える富士山は赤茶けている。今あそこはたくさんの人が歩いているんじゃないかなあ。湖面から視線を徐々に上に移していって見る権現山はとても大きく、地形図の数字以上に高い山に感じる。ここには今は人はいないんじゃないかな。

 林道を歩いていると次の橋が見えてくる直前の少し手前にモサッとした沢がある。沢に掛かる橋は道路との区別がはっきりしない。考え事でもしながら下を向いて歩きでもしていたら、通り過ぎてしまう事もあり得るそんな沢である。でも今日は水量が多い分だけ水音が高く、すぐに欄干の橋銘板に目が行き、ここが勘淵沢であることが分かる。橋の上から見る沢の幅は広めで傾斜は緩く、特に入り口付近には植林の平坦地があることもあり、ゆったりとしている。他方、河原の中には無秩序不規則にゴタゴタと石が転び、その間に大雨で流されてきたらしい土砂が緩く埋めている。
 あんまりなあ。
 この様子ならこの奥には滝など無いのではないか。でもさ、それはそれで良しだな。

 林道から右岸の尾根に登っていくらしい道があったが、沢に行くのだからと沢に降りて歩くと前方に砂防堤が見えてくる。二段構成、合わせての高さは十数mはあり、これだけ大きいなら入り口の橋の上から見えていてもおかしくないのに考えてしまうような立派な砂防堤である。堤本体はもちろん、両岸も険しいのでダイレクトには登れそうもないので左岸側に登り、近くに通過ポイントは無いかを探ったが砂防堤付近は難しいそうだとしか分からず、先ほどの仕事道方向に入り、その道をしばらく歩く。とこるが砂防堤の高さを越えても、道はそのまま尾根に向かっていくので、このままじゃまずいと沢方向を探る。
 ここら当たりだろうな下るなら。どこかに良い下降点はないか。
 だが下を見てもとても急だし、えぐれているように見えて降りれそうにない。
 だめだ、こりゃあ もうちょっと上かなあ。そうおもった時に細い踏み跡を見つけた。それをダメ元でいいと伝っていったら、道は傾斜地帯の弱点をうまくつないでいる。こうして、急傾斜でとても下れないだろうと思えた所を危ない気分を感じることもなく沢に下降できた。なかなか いい。

 さてと下った沢。
 岩床の上に上流から流れてきて積もった固定力の弱い砂の上に石が転がって乗っている。そんな川原状の上をさっさと歩くのは難しい。大丈夫と思った足下の砂が体重を移した瞬間に崩れて転ぶ。足をかけた大石がゴロッと転がり落ちる。そんな歩き、転びの中で軽く上唇がこすれて切れた。どうってことない些細なスリ傷だが、気になってベロがついついそこに行く。堅い岩の上を歩きたい。はやく。
 地形図を見れば分かるように、勘淵沢は出会いから程なく分岐を繰り返し、中流域以上では沢の形態が地形図上ではほとんど無くなり番ヶ平付近の稜線に至る。
 砂防堤を超えて沢に下ると、すぐに最初の二俣がある。二俣の中央の尾根には古い仕事道らしき跡が上に伸びていっている。左右の水量はほぼ同じだが、明らかに右の方が沢床が低く、それを本流の証として右に入る。もしも右俣が良かったら、左俣だって同じくらいの良さを感じさせてくれるだろう。そんな感じの二俣である。

<写真削除しました 20111204>
沢に入ると早速見てきたのが砂防堤だ。左側の尾根に回ってパスする

 右俣
 今までゴタゴタしたゴーロだったのが、転がっている石がほとんど無くなり、ごつごつとした岩床が剥き出しのすっきりとした沢に変わる。急傾斜なら困るが、バランスを取って歩けば二本足で普通に歩ける岩床の上はとても快適である。
 二・三十mで終わると思ったこの状態は、思ったよりはずっと長く2百mくらいは続いたと思う。このような連続した岩床の長さは丹沢のどこにでもあるようなありふれたものではない。終わりは、いくらか急になった岩床が緩いナメ滝と名を変えて左に折れたその先に築かれた5m程の砂防堤である。

 この部分を歩いただけで、この沢に入っただけの価値があったと思う。しかし、この沢の滝場はこの砂防堤を超えたその先にある。
 砂防堤を左側から越えた。奥に砂防堤が見えた。
   ありゃあ また砂防堤か
   こんな奥に、ご苦労なこった。大変だったろうな。作るのは。
   昔の人は、能動的であたか受動的であったかはしらないがみんな頑張り屋さんだったんだなあ。

<写真削除しました 20111204>
あっと驚くほどにずっと続くゴツゴツした岩床の上を水が流れる


その岩床のエンドは少しだけ傾斜がましてナメ滝状で写真では分からないが上には砂防堤が乗っかっている


 岩床の上を、足を滑らせないよう、踏み違えないよう下を見ながら歩く。そして顔を上げると30m先に滝があった。
 先ほどは砂防堤に見えたのが、高さ10m程の垂直な滝であるということにそこで気がついた。落ち口が水平だったものだから遠目に人工物に見えたらしい。その滝の上にはもう一つ別の大きな滝が重なっているのも分かる。
10m滝の上で沢は二俣になっていて、見えているのは右俣の滝であり、左俣は10m滝の落ち口付近まで行かないと存在が分からない)
 おそらく、この滝も、その上の滝も登れはしない。
 落ち口からの水は宙を舞って落ちてくる程だし、壁面は脆そうな岩で出来ているので登るなんて論外だ。しかしこの滝の上まで行かないと上の滝は木立にマスクされて確実には見えない。それを確認するためにも、ここをどうやって登ろうか。

<写真削除しました 20111204>
遠目には「また砂防堤!」と見えたのは近づいてみると立派な滝だった。ここらの地形はとても複雑で正確に言い表すのは難しい
 下の10m滝のある手前で左に支流が分かれている。水量比1:3位であり、そこには3m、そして5mくらいの滝が連続して、その先はスラブ状になって上に上がっていく。そこと10m滝のある本流との境がリッジになっている、見た目には登れそうな気がしたので、そのリッジの上に乗った。ところがそのリッジから上の立木との間が2mよりはある。それだけだが、脆い石がえぐれがかって積み重なった不安定に見える露岩の壁である。ジャンプすれば上に手が届きそうなわずかな距離だが、ジャンプは出来なかった。そもそも立っている分界リッジは両方の滝からの崩壊で側面をえぐられたらしく根本でも厚さは数十cm位だし、リッジの上では靴が乗るのがやっとな幅なのにとても脆いのだ。これは大丈夫と判断して乗っていたのに、じっとしているだけなのにグジュグジュと崩れる感覚が靴底から伝わる。実際バラバラと側面から小石がはじけるように落下していく。ここでバランスを失ったら下までは数m以上はあるし、そんな場所ではジャンプどころか足踏みだって避けたい思う。
 結局そこは諦めた。諦めて左の3m滝を登る。ここも岩がグジュ・グジュとしていて頼りになるのか分からないような岩質だったが、いくらか傾斜が緩かったのと、とりあえずは順層で手がかりは無数あり、何より3mほどの高さというのいが助かる。上の6m滝も似たような物だったが、こちらの方がいくらか岩質は確かだったと思う。そして先ほどの分界リッジの上の尾根に乗る。そこには分界標識もあり、本来はあの崩壊寸前のリッジからの道が続いていたのではないかと思わせる。

<写真削除しました 20111204>
左の小沢に掛かる滝を登って先ほどの滝の上に出る


<写真削除しました 20120701>
右の滝とは別に左に別の滝が掛かり、二俣になっている。

 この分界尾根も細いし両方の沢に削られて高度はある。でも確実な立木があり、それに頼って下をのぞき込むことが出来る。そこからは先ほどの10m滝の落ち口が見えた。落ち口の上には、上の滝が見える。十数mはあるきれいな滝だ。ただし、今日は大雨の後だからこその水量なので、普段がどれくらいかは割り引いてみることになるだろう。その滝の左横下にも、なにやら別の滝があって、そこからもたくさんの水がはき出されているのが分かる。
 そこで気がついた。下の10m滝の落ち口の上は二俣になっているのである。そこまでは分界尾根から分かる。でも、あることは分かっても、右と左の二つがどんな滝なんだろうかは尾根の上からはからはやはり良くは分からない。
 だけど、急な尾根の上だ。それが分かるような位置に降りるなんて事が出来るのだろうか。

 ちょっと無理っぽいよな。だって、なんかとても痩せて急な小尾根の上からあそこに下るなんて事出来そうもないことだ。
 だが10m程小尾根を上がると、うまい具合に滝のある側にトラバース出来そうな跡があり、それを伝うと下はちょっと急だけどね、トラバースそのものは簡単で、落ち口上で二俣で分かれた左俣(水量比では2:1でこちらの方が多い)は5m+6mと二段の滝になっていて、先ほどの尾根から見えたのは二段の滝のうちの下の段であり、その滝の落ち口の上に出ることが出来たということが理解できる。
 <地形が複雑すぎて文書で正確に書き表せているかはかなり不安だが>
 上には二段目の6mからジャバジャバと水が飛ぶが広場状になっていて足場は安定している。隣の滝を見物するにも安心していられる場所であった。
 そこから見える奥の右俣の上の滝は十数m位の落差を持ち、落ちてきた水はとすぐに細い白糸に姿を変えて空中に線を引き、その糸の半分くらいは途中で霧となって舞い散っている。滝周辺の木々には白糸から出る霧が掛かり、青葉が滝風にあおられている。

 立ってみている奥の中俣(10m滝手前から左に分かれた3m+6mの流れを奥の左俣とすれば、中俣となるので)の滝間テラスからは目の上の両岸の岩に狭まれたところから豪勢に水を吐き出す滝が迫って見える。(写真取るもボケで)6mはある急傾斜なので、先ほどトラバースしてきたところを戻り、尾根の上の踏み跡道を伝う。道は上に進んで行くが沢はまだまだ終わっていない。最初の左俣の水源湧水を確認して、尾根に戻り、次に右の沢に降りていく跡に従って、中俣先ほどの6m滝の上の沢に戻る。戻ってすぐの4m滝は左側からパスして、続く3mは適当に、そして岩床の上に築かれた小さな砂防堤に着く。

<写真削除しました 20111204>
水がとても冷たく、清水のわき出し位置が使いらしいと教えてくれる


 ここからはしばらくは登るのに忙しくメモ取り忘れたこともあり、正しくは覚えていない。おそらく3m程の脆い滝は右から回り込んだ。相変わらずごつごつとした岩床は続いていて、それらは少しでも角度を増せば滝といえるし、そうだったらここらは滝だらけだし、そうでもないようにも思う。

 水は徐々にだったが、ここら当たりでは明らかに冷たくなった。長く水に手をつけているのが苦痛に思うほどに冷たい。もしも温度計を持っていたら、水温を測って「えっ10度以下」なんて台詞も出ることも嘘ではないと思えるほどに冷たい。ゴツゴツした6mほどのナメ状滝を二個ほど超えるにはどうしたって流水中のホールドをつかまざるを得ないのだが、夏なのにつらいと感じるのだ。節電の町中ではこの感覚は「贅沢」と言われるだろう。


これが人造物ではないって信じられるか。全くの自然石の湧水わき出しポイントである。もちろん水はとびきり旨い。

 上に棒のように伸びていく水線が20mほど先で突然無くなって見える。
 急いでその場所に登ってみる。と径2mほどの大石が中央から二つに割れ、下開きになった割れ目の奥から清水が蕩々と流れ出てくるのが分かる。石の下は岩床で、大石の上側にはこぶし大の小石が堆積しているが、大石が自然の砂防堤になって小石を堰止めるので、大石より下の部分の岩床が剥き出しになり、さも大石そのものから水が湧き出すように見えるのだ。

 手の土埃を洗い、両手ですくって水を飲む。
今日はそれほど暑くはなかった。沢そのものが水に冷やされて涼しかったこともある。だから喉はそれほど渇いていなかったが、この水は旨い。
 丹沢山中には至る所に湧き水がある。大木の木の根っこや、岩の割れ目、苔むす石の下から等々いろんな湧き水の出方がある。その中で、大石がぱっくり割れたその場所そのものから、ここほどの量を一気に大地に吐き出している箇所は知らない。もしも、この湧き水が交通至便の場所にでもあるなら名水百選に推薦されることは間違いないと思う。だが、山中、歩いていくのも不便な場所となると知る人は知るけど、世間的には話題にもならない。
 日本は水に恵まれているという。実際にはここの、こんなような湧き水は砂浜の真砂のごとくに無数にあるのである。大半は知られていないだろう。その中のごく一部だが、こんな湧き水をそっと、だが豪快に飲むのは贅沢なことだ。マシラは貧乏性なので目の前に贅沢をタナボタ状態で提示されると本領を目一杯発揮してしまい、水中毒にならないかを心配しなければならないほどに腹一杯飲んでしまう。だって、どうせ必要以上に飲んだ分なんて10分も歩けば全て出てしまうと思うのが本性そのもので意地汚い証拠だ。

 休んでいる間中、ヒグラシの鳴き声が山中にそっと響く。そしてす〜っと消える。しばらくの静寂の間を持って、それが繰り返される。夏なんだなあ。

 この清水を山仕事の際に汲むためだろうか、大石の上には左右に横断する道が付いている。その道を右に行く。わずかばかりの踏み跡だが、ずっと水平に先に伸びていき、いっこうに上に上がらない。これで番ヶ平(P867m)を通り越して林道まで行ってしまうのでは?。そんなことが心配で、そうなったら、遠回りだし、らちがあかないので、百mほどそこを辿った後にわずかばかりのふくらみを上の稜線目指してに登る。植林の中なので、下草は少ないが、ここら独特のさらさらとして保持力の少ない砂地の斜面を登るには立木や残された間伐材を頼りにして登る必要があり、高低差の割には労力がいる。稜線作業道に出るころには先ほど飲んだ水分の大半は飛んで体も軽くなった。
 稜線に出ればもう登りは少ない。P843m(六郎小屋山)からは平山に下る。

<写真削除しました 20111204>
平山地区に下る予定がなぜかずれてしまって三保ダム下に下る。

 その予定で下り出すのだが。この仕事道、六・七年前までは迷うこと無い道だったが、近年は刈り取られていた笹が伸び、いささか見通しが悪くなり、造作された道も流れて不鮮明な箇所が増えていき、最近はなかなか思ったとおりには下れなくなった。本来はP648mを経由してから椎の林の中を滑り下っていく仕事道は、忠実に辿れば平山の茶畑の最上段に下り着くのだが、P648mに下る手前の尾根で経路不明となり、斜面に右手水平に進んでいく道に誘い込まれた。この道は境界杭も打たれているし、所々には幅広の道型もあるので仕事道間の連絡道なのだろうと考えられる。所々で方向が分からず、その場合は直進して行くと、上下への仕事道に到着する。
 なんか知った道なような気がするなあ。
 下っていくと水が一気に流れ落ちるゴウゴウという音が聞こえてきて、それから三保ダムが見えてくる。程なく三保ダム下の調整池に着く。
 P843mから予定していた平山への尾根から、水平道にはまり、それによって一つ上流側の小尾根に移動して、そこを下ったことになったらしい。最近、P843mから下るときには、何らかの拍子に刷り込まれたこのパターンによって、そうなってはならないと思いつつ、その轍にはまってしまう。辿ったその道じたいは悪くはないのだが。
 でもなあ、たとえ道を誤ろうと最終目的に達するのであれば途中の多少の方法の誤りはいいんじゃないかな。俺は勝手ながら許すよ。

写真集です。

自宅6:25〜本厚木6:36小田急〜松田7:23JR〜谷峨7:51富士急バス〜浅瀬入口8:20〜世附大橋〜勘淵沢8:45〜滝場終わりの小砂防堤9:40〜割目石の水場10:00〜稜線仕事道10:15〜P843m(六郎小屋山)10:20〜三保ダム下10:45〜湯本平11:05〜用沢11:31〜谷峨11:47JR〜新松田12:15小田急〜本厚木〜自宅13:10 2010723 つんとした涼しさを持つ夏の晴れ日

頁トップへ  マシラのHP