谷太郎林道から左岸の林道に入る。林道は軽トラックなら走れるほどの幅がある。あった。今は数カ所だけ路盤が流れて道が切れているから、車で終点まで行くのは無理だが、元の状態に戻すにはブルドーザーで軽くならせば済む程度の痛みだから歩くには何の問題もない。道は大きな砂防堤を左下に見ながら通過して、広い河原中の杉の林までを平坦に走り、そこから中央の小尾根を登って山の斜面の途中までとなっている。
 そこから先は普通の仕事道である。普通は普通だが、長く多く使われていた道らしく、路肩には石が積まれ少々の雨くらいなら道が使えなくなる何て事が無いように作られている。とは言っても今では山仕事としては常時使われなくなった道には斜面から流れ落ちてきた土は乗っかり、一部では道形が不明な部分もある。山の斜面を過ぎると鳥屋待沢の本流を直ぐ下に見下す位置でしばらく併走した後に、川に降りて杉の林の平地をひとしきり縫って歩いてから対岸に渡る。ここらあたりの雰囲気は故郷の山の中とおんなじような感じで嫌いではない。小滝を見下ろす木の脇あたりに湯を沸かすための鍋がポツンと置かれている。今日はいつもの場所から微妙にずれた位置にひっくり返っておかれていたので木の太い根っ子の定位置の上に戻す。次に来るときにはどうなっているだろう。
 先で沢は左に曲がり、ナメの上に大岩が乗っかる最初の滝が見える。道はその滝の下までで沢歩きが始まる。

 最初の滝は通常は左から簡単に登る。今日は流れを渡って大岩の下を登る。こちらも簡単な登りなのだが、岩のヌメリが強く、すべるような感じが強いので岩の表面をこすって磨きながら足の置き場を確保しながらの登りである。直ぐに沢は右に曲がって直瀑の滝に出る。
 最近、きついところにめっきり弱くなったマシラは当然ながらこの滝は見るだけの楽しみで満足して登りはしない。巻き道から登って落口上から登った気になって。
 ウソ言うなよ。最近なんて! 
<写真削除 20100605>
鳥屋待沢の最初の滝は大岩積み重ね
 昔からだろって。正直に言えよ!。なんて独り言はこの場に置いておき、右岸の斜面を、斜面についた砂で滝壺を埋めてしまおうかと思うぐらいじゃりじゃりと掻き落としながら登る。だけど当然ながらその程度の砂で滝壺が埋まるはずもない。
 その斜面には足跡が付いている。乾いた砂の表層が破られ、抉れて剥き出しになった湿った砂の状態から、ついさっきに誰かが歩いたような痕跡が残っている。改めて見直すと、跡は一人なら大きすぎるから三名か四名くらいのパーティだろうし、跡の崩れ具合からは今日ではなく、数日前のものだと分かった。
 巻き道はそのまま上に続くが、滝の上で一旦沢に戻る。落ち口には赤いシュリンゲがたれている。少しくたびれている。
 直ぐの小滝は左から登る。次の3mほどのは水平のクラックを使って中央を登る。
 滝の上では狭い沢は更に狭まった岩床の沢になり、水流に岩が抉れて細く流れ、右の斜めの岩棚を歩きドン詰まりの滝までいく。その滝は大きな石が2個ほど積まれて出来たCS4mである。
<写真削除 20100605>
小滝たくさん 適当(進路は限られる)に歩く
 今日の鳥屋待沢は水量は少なめに見える。このCS滝は普通は滝壺が大きく滝の直近まで近づくには釜の中に入らなければならず、精々7〜9m離れて見るだけなのだが、今回は釜が小さく濡れずに3mそばまで近づいて行くことが出来た。もしももう一歩だけ進めることが出来たら、そのCSの一つに飛びついて取り付くことが出来るかも知れない程の近さだった。
 それに何時もだったら登るには完全にシャワーになるはずのそのCSに今日は水がかかっていないのだ。近くで見ると思いの外に滝の高さも低そうだ。簡単に登る好機だ。メッタにないぞ!
 だけど止めた。
 実際にはCSに飛びつく為の飛び石の石が見つからず、一・二歩だけかも知れないが腰まで水に入る必要がありそうだったのと、水は流れていないが岩が黒々と濡れているのでスリップしやすいのではないかと考えたからだ。なんだかんだと言って、結局はなにもやらない。やれない。口当たりのいいことを約したとは言うけど、決して実行しないどこかの某政党と同じだ。

 左岸の砂地をトラバースしてCS滝をパスする。ただ、このトラバースは急傾斜地の砂がしゃりしゃり流れるので精神的にはかなり神経を使うのである。滝をパスしたところで灌木の根っ子を使って露岩を3mほど下って沢に戻る。これも分かっていれば簡単だけど、知らないと思いの外に苦労する地形だと思う。
 沢に下ったら直ぐに対岸に移動する。そのためには流れの向こうに立つ1.5mほどの大岩の上に根を張った1cmの灌木に全体重をかけて垂直面を登るのだが、最近重くなった体重を支えられるかなとホント神経が細いとこの灌木も使うのも苦になるだろう。
 沢は左に軽く曲がり、細い水流の傍らの岩の回廊を30mほど歩く。そうすると左壁はツルツル、右からは大岩が逆傾斜で覆いかぶさる穴の中の行き止まりのような地形で行きつまる。下は瀞場。通常は瀞にザブンと入り、右の大岩下のクラックに指を突っ込んで、足で突っ張って落口の下までトラバースする。どこで落ちても落差は1m以内。絶対安全。ただし、水泳にシャワーは必然となるこのコースをその通りに通過したのは一度っきりで他はことごとく巻いて登っている。その巻き方は瀞の5m手前で左岸にスルーすることである。上方を目を細めてみれば立木に細いロープが結ばれているのが見えるのがそのポイントだ。登り口さえ分かれば、このパスルートは易しい。ただし沢から離れる1・2m程の間で浮き石は掴まないようにしないとならない。
<写真削除 20100605>
本来なら右の岩に張り付いてトラバース;でも本日もマキだ
 巻いて滝の上に出ると大岩が転がり、左手・前方の上方からそれぞれ湧き水による滝状が落ち込んでいるのが見え、その先の10m地点の右側から小沢が合流する。付近を何となくミニ・ナントカ峡とでも名前を付けたくなるが、具体的に地名に落とし込もうとすると、「コレダ」と断定できるような顕著な地形が思いつかず、それでも強行に命名するなら「ナントカ峡」というような無理筋ありありの名前くらいしか付けられない。
 暫くは岩の上を歩く。777mから伸びる支尾根の末端を左に見てからも暫くは平坦なままに進み、次に洗われる沢幅一杯の5m小滝は左端から簡単に登る。
 そのまま100mほど進んで、ようやく右側から滝が直瀑で落ちてくる。右俣とマク岩のある左俣の分かれ目だ。

 今日は右俣である。
<写真削除しました。20111009>
二俣(右にかかる直瀑) こちらが右俣の始まりです
 直瀑は左から巻いて登り、落ち口で右に移る。直ぐ10mの滝が続く。この滝は光が直光で当たり、その分だけ飛沫がきらめいて見ているだけでも気分が明るくなってくるような感じがして良い。
 尚も上に7mの滝が続く。これは左からフリクションを利かせて登る。
 さあ、これから沢の傾斜が強まり、鳥屋待沢右俣の良いところが始まるのである。
 赤い岩の二段の小滝はホールドが外傾しているのでフリクションが良くないと登るのが面倒だ。今日は膝を一箇所くらいつかったかも知れない何とかなった。
 右手の窪の少し上から吹き出す清水の湧き出し口まで入って飲む。ここに来るときにはお決まりのパターンである。それから窪を元に戻って左手の岩の割れ目のような沢の中に入る。
 狭い沢は傾斜を増し、岩床の上ではどこもかしこも小滝の連続といっても間違いではないような状態となる。そうなっても小滝本体は小さく、小滝と小滝の間には安定した岩棚状があるので、小滝自体が登れれば快適だ。ただそこが難しいとなれば側壁を登ることになるのだが、少しでも沢床から離れると小さいながら高度感を感じるし、易しいからと迂闊に尚も上がると落ちた場合の距離は更に増す。手軽には行けない。滑らないように、ちゃんと掴めるホールドを探したりで、ここらあたりはそれなりに緊張する。そこに遅春の雪による落枝や倒木が重なって見通しが悪い。倒木は手がかりになったりもするが、反面狭い沢の中では光が遮られ下が真っ暗で見えなくなったりもするので慎重にならざるを得ない。
<写真削除>
小滝が幾つも 難しくはないが巻いて登るのは面倒だ
 そして奥の二俣に達する。
 右にはCSの乗っかった5mの滝があり、左は左右岸の岩が迫って入り口が狭く、奥の方に飛沫が飛ぶ小滝が見える。
 右も行けるが急だ。たしかそうだった。
 稜線下の詰めで危ないことはしたくなかったので本日は右は止め、左に入る。とは言っても、三峰の沢はどこも詰めれば詰めるほど奥が急になり、登って易しいところなんてことはどこにもないのである。その中での少しでもという選択結果が正しかったかどうかどうかなんていうのは、実は良くは分からない。比較するのは何時も目の前の現実と頭の中にあるおぼろな記憶なのだから、本来客観的に比べあうなんていうことにはならずに、常にリアルな現実の方を厳しく感じて「今までで一番厳しかった」とつぶやいて終わるのである。

 とりあえず左は沢全体がV字状の岩場になって、そこの岩床の底にへばりついて登るというのが今までの定番である。ところが今日はそうはできなかった。
 遅かった春の降雪の影響なのか、沢床には倒れて間のない若葉の着いた倒木が多い。かなりの数だ。このV字状の一帯もそうだった。そこに上部が崩れて落ちた溜まったらしい雑石が堆積していてV字状の大半は埋もれて無くなっている。その分易しく登れるので助かりはするが、スッキリしない登りになるので少し残念な気がする。
 そこを過ぎると苔の着いた大石の重なる沢に戻る。次の二俣を右に行く。この方向も一度は歩いているような気がする。そこを歩いていくと急な7m程の涸棚に行く手をふさがれる。これも見たことがある涸滝だ。棚の右か左が登れそうな気もするが、苔に覆われた岩はボロボロのような感じがして登る気になれない。少し戻ってから棚の右手の窪から取り付くと階段状の岩が先ほどの滝の落ち口上に続いている。登った記憶が選択である。ただ、一番高度感が生じる急場部分に今回は倒木があり、それを乗り越えるために木を頼りにせざるを得ないが、根っ子の部分が大半空に向かって剥き出しているので何時落ちるんだろうかと急傾斜の中では精神的には安心できない。
 さらに同じような棚が続く。先ほどのよりは高度差は少し小さく傾斜も緩いかな。
 ここは前回おそらく通過したはずだ。正面突破だったかもしれない。
 だけど上に回り込む逃げ道が今回は見つからない。無理をしたくもないしという気持ちが岩場上でのルート選択を頭の中でブロッキングして見えないようにしているだけかもしれない。
<写真削除>
この5m程の苔むす涸棚が登れず、手前から右手の斜面に登り出す。苦戦苦戦の大失敗だった
 もういいか。沢は!
 右の小尾根に逃げ、そのまま上を目指せば手軽だよね
 だけど、この選択は良くなかった。最悪とは言えないが悪い選択だったのは間違いない。

 まっ いままでのところは、何回も来ているところだから新鮮味はなく、本日での話しでは言ってみれば冒頭入り口部分であり、これからが本日の本題だ。
 だけど、本題部分はごく短いのだよ。

 沢の中から、とりあえずそこまで行けば何とかなるだろうと見当付けた小尾根までは僅か10m程である。そこまでは難しくはない。ところがせっかく入った小尾根は登っていっても傾斜は全然ゆるまない。それどころか小尾根状が山に食いこんで無くなり、単なる急斜面になる。単なるどころか垂直に思える部分もでてくるくせに所々は灌木の間隔も遠くて、掴む木の根っ子も疎らだし急場では頼りにならず、土表面に浮き出している岩は何時なんどき剥げて落ちる事やらと不安定に思える。せっかく頼りにしようとしても触れただけで動き出した石は斜面にとどめておくなんてことは出来ず、石はゴロゴロ・次にゴロッと斜面を跳ね立木にぶつかって宙に舞って下に落ちていく。
 帽子が立木に当たってずり落ちそうになっても手は塞がっているので、頭を捻って木の枝に当てて帽子を押さえることになる。たぶん一回でも脱げてしまえば止めることは出来ないし、拾いに行くことも出来ない。
 中川地獄棚右横の巻き道も面倒だが、それよりも人が触れたことの回数が少ない分だけ今回の方が危険度は高いかも知れない。沢から小尾根にさえ移れれば残りは楽勝なんて思っていたのに、実際はジリジリとした登りが20分も続いた。ちょっちょっと行けば大丈夫と考えた判断は気軽すぎて間違いなくNGだった。
 それでも終わりの無い登りはない。右手から登ってきた小尾根の縁に達する。そこからは傾斜も若干は落ちた。尾根の上に乗っかる大岩の向こう側キレット状だったが、岩は純層だし、木の根が止まり木のようにセットされていたので簡単に通過することが出来た。この岩も登った事があるような気がする。何時だったかなあ。たぶんCS5m棚のある方に進んだ場合の終了点がこのあたりだったと思う。きっとそうだ。

 小尾根を辿ると小屋でも建てられるような平地があり、そこからは50m程緩く登って登山道に着く。三峰本峰から北西に250m程の小ピークの一端の北峰に向かって降り出す一角である。

 本題部分はここで終わり

 せっかくだから帰路を簡単にメモしておこう。
 八丁経路の分岐まで行く。そこから西方向にあるP700mに向かうこととする。分岐付近は笹竹が視界を遮っているが、かまわず10mも進むと藪竹はなくなり、下方に下る尾根上には踏み跡がしっかりついている。踏み跡は下るに従ってちゃんとした道となるが、P700mの手前で右下に向かっていくのでピーク付近では一旦は踏み跡に戻る。それでも何回か使っていて見知っている道である。P700mから続く緩く軽く下る斜面帯は間伐作業が数週間前くらいに行われた模様で、檜の木が発する香りが強くあたりに漂う。作業残渣物(倒された木/枝等)で歩きやすくはないが、見通しはよい。
<写真削除 20100605>
P700〜の桶嵐沢右岸の仕事道をゆったりと下る。道は最高に良い道
 子どもの頃 山で間伐作業があると間伐された木々の大半は馬方によって降ろされ、残った太めの枝は大人が薪にして下ろし町で売った。細い枝の類は子どもが山から下ろして家の薪にした。だから間伐作業が終わった山の中は木々の間が広々として見通しよく、残り物はなくとてもスッキリしていた。その分、薪拾いに借り出されると言うこともあるが、どうせ家にいたって勉強は嫌いだったし、今と違ってゲーム機があるわけでもなく、仲間と遊んでも、まだまだ時間はタップリと残ってあった時代である。だからか山に薪拾いに行くのは全然日常の出来事だったので辛いとか嫌だだったなどとは全く思わなかった。

 その当時と今の間伐作業との違いは機械化の程度もあるが間伐された木や枝を整理するかしないかが大きく違う。
 今は山から木の本体部分だけに限っても経費がペイできないと言われている。まして金にならない間伐材は山に放置されて当然だろう。枝の部類はもちろん放置だ。
 だから、ただ山の中を遊んでいるモノ(今のマシラ)にとっては間伐帯とは枝が足に絡まり足を取られとても歩きにくい地帯を差す代名詞でもある。

 平坦部から下に向かう地点からは、さらにきちんとした仕事道が新しく造作されていて、それもかなり程度の良い作業道だったので、桶嵐沢右岸付近の唐沢林道に下り着くまではあっとの間だった。

 物見隧道からは物見峠に上がり、鍋嵐への道に少しだけ入り、「能の爪」の登りをショートカットして宮ヶ瀬尾根の降りに入る。P697mでは境川林道への降り入り口を右に見てからP617.2m方向に行く。それはP617.2mへの途中の鞍部にある石祠から湖畔に下る古い仕事道に入って48瀬沢に下降しようと考えていたからだ。でも、途中の小ピークで進むべき方向を間違ったらしく、境川林道に沿ってあるP419mに向かってしまった。
<写真削除 20100605>
宮ヶ瀬尾根 48瀬沢右岸末端 これから48瀬沢に仕事道を下る(そこからは遊歩道がある)
 こんなように、もっともらしく、ルートを書いているけど、それは自宅に帰ってから地形図を眺めて「そうか・そうか・ここを歩いたんだ」と確認して納得したから書いているのだが、実際に山の中にいる最中ではどこをどう歩いているのか、全然分かっていない。ともかくも適当に下る。
 幸いなことに、こちらにも最近出来たらしい仕事道があり、48瀬川の中の仕事道を下る計画が右岸の道には替わってしまったが、降りつく場所はほぼ予定通りにと、終わり良ければすべて良しの状態で山歩きが終わる。
<写真削除 20100605>
旧の土山峠から木漏れ日の下の旧道を法倫堂に下る
 土山峠からは旧の峠に出て、旧道を法倫堂に下る。この道の良いところは集落が直ぐ下の地点での三峰と鐘ヶ岳の見晴らしであると思う。山の輪郭がここほどしっかりと見える場所は他には無い。
 


 自宅5:20〜清川村役場6:00子どもチャリ駐輪〜鳥屋待沢出会6:20〜大岩の滝6:45〜二俣(右へ)7:50〜V字状〜青苔の滝8:30〜次の青苔滝8:40〜右尾根に逃げる〜尾根に乗る9:00〜小ギャップ〜登山道(本峰から北西250m地点)9:15〜八丁経路分岐9:40〜P700m9:50〜間伐林の下に桶嵐沢出会いに続く仕事尾根道〜唐沢林道10:05〜物見隧道10:20〜物見峠〜能の爪10:40〜宮ヶ瀬尾根P697m11:00〜P419m〜P348m11:30〜土山峠11:50〜旧土山峠12:00〜旧道〜法論堂12:20〜清川村役場12:40〜チャリで〜自宅13:15 2010/05/15 晴れ 少し雲はあったがクッキリとした空気(やや冷ため)で山歩きには最適だ

頁トップへ  マシラのHP