宮ヶ瀬尾根P525m往復

(手書きですので実際ルートと合致しているか不明です)

 朝は県央地区(行政)が主催する三川合流のクリーンキャンペーンに形だけ参加して、
 形だけというのは市長さんや議員さんの挨拶が30分なのに対して、俺の実質ゴミ拾い時間は10分くらいであり、三川合流地点が広いと行っても、そのスペースに参加者2500人が参集となれば、個人でならゴミ拾いというよりは、見つける方に注力しないとゴミが見つからないからだ。近いうちに、ここらをBBQ有料エリアにする案があるというが、そうなれば当然ボランテェアのクリーンキャンペーンは廃止だろうが、それはまだ未定の話。
 それでも、俺にとっての参加の意味はある。もちろんクリーンキャンペーンそのものではなく、ここに来ることで会社関係の旧知の人たちに会えるからだ。一年に一回だけだが、参加されている方々は表面上は元気ということを知ることの出来る。こちらも何とか生きていますという報告が叶う。束の間を過ごして「また来年会いましょう」と、たったその程度だが、互いの顔を見せる場として参加の意義があると俺は思っている。

湖岸道路から対岸を見る
(警察、国土省などのパトロールが頻繁に行われているのでクレームを受けるのが苦手の人は安易に入らない方がよい)
 しかし、空は真っ青に晴れている。来週には梅雨に入るかも知れない今の瀬戸際の、寺山修司が「われに五月を」と歌った青い空。そんな日が、朝の清掃だけで終わるのでは何か物足りないだろう。
 家を出たときにはここという行く当てが無く、空の青色に浮ついたままに、何はともかく「宮ヶ瀬へ」と言い残して出たのだった。
 天気はすがすがしいが、土山峠を登り出すと呼吸は苦しい。以前だって最近だってそれは変わらない。しかし前だったら苦しいままにペダルは踏む力を抜くことなく一気に登っていたのが、最近は太ももにすぐに疲労物質が充ちてしまって、最低速度でないと動けなくて、何とか止まらないでやり過ごせれば上出来きだくらいに筋力が落ちている。今日だって、坂の終わりが見えてきた頃には、省力モードでも一杯一杯になり、こりゃダメと土山峠の登山道入口で自転車止めた。
 一休みして、素直に湖を周回して帰ろうか。それで、自転車から降りてぶらぶらと登山届けカード記入台に行くと、前に確認したときには空だった備え付けのヒル忌避剤は満タンに補充されていたのだった。そうと気がついて靴にスプレーしたときには、
「だったら、ちょっとだけ行ってみるか」
 行き先を決めた。宮ヶ瀬尾根の何処かのピークまで登ろう。しかし長居は無用、奥まで入ってはまずい。入っているのは往復で一時間くらいかな。
 道路構築途中で放置されている湖岸道路(村道土山峠−高畑山線)を工事終点まで行き、[県道64号→]の登山標識から山には入る。道は小尾根(P617mにつながる)を横切ると、沢の出会いである入り江に一端降りる。対岸には青い東沢橋が真っ正面に見える。そして道は次の尾根に乗る。入り江からすぐには鉄板桟橋まで整備されていてとても歩きやすい道だが、次の尾根の手前から薄くなる。

入り江までは道がしっかりしていて、
全く簡単に入ってくることが出来る。
時には対面からの眺めも悪くない

 この道が整備される前だったか、何時かだが、湖面に沿って湖面上20m以内をキープして清川トンネルまで横断歩行したことがある。一回でなく二回はやったはずだが、今日はそのルートで行く気分にはなれなくて、簡単な方を選んだのだ。
 その尾根に乗ったら、尾根の上に付けられた道を登る。入り江まで良かった道だが、尾根に乗ってからは十数年前に整備されて以降に手が入っていないような荒道に変わる。階段用横木の多くは腐って土に同化してしまい、その木を止めるために地面に打ち込まれた鉄釘(鉄筋用16mm棒)だけが地面上に顔を出して残っているエリアが長く続く。足を滑らせて手を地面に突くような場合に、この鉄筋が結構危ないような気がするのだ。本日も滑り靴なのだった。道形も流れた砂によって斜面に埋もれて見えなくなっていて、登りなら道が分からなかったら、ああだこうだとやるよりは黙って尾根状を上に上がればいいのだが「ここ、降って来た場合に見落とすかも」みたいに感じる箇所も何箇所かあった。本日はここを降るのであるから、一応はそれに備えて木の枝とかを目印にして置いたが、実際下りに活用できたかと言えば期待には反していた。

P525m
立っている登山標識にがうつろな雰囲気を感じてしまうのだった。

 あそこで帰ろうかと検討付けた小ピークを右に巻くように道は進み、それから程なく、なぜここに登山標識が立っているのか、[至土山峠:至清川トンネル]に首をかしげて見つめるP525mだった。
 この登山表紙は前後の道を知っている者に何となく分かるが、知らぬ者が標識を頼りに目で方向を探ったら???になるだろうと想像できるように、おおざっぱな方向を指している。それでも人の付けた道が付近にあるというヒントにはなるだろうか無いよりはマシだ。

途中、このルートは尾根にはいると遠くがすっきりと見渡せない
見えるのは太棚橋だね


 木の枝越しなのですっきりしない宮ヶ瀬湖が見える。湖岸道路、本間の頭方向も木の陰からだ。それでも一応はピークに登ったのだから本日はこれで良しだろう。P617mまで行って別の道を下るなんて、その道ならこの前通ったばっかりだしなあ。
 予定通りに来た道を引き返す。来たときと違っていたのは途中でカモシカに会ったことくらいかな。熊でなくて良かった。
 それ以外には、下りで二箇所くらい道を外してうろうろしてしまった。いずれも「ここで迷う」だろうな と目印を立てておいたところなのに、俺の立てた目印は、自分自身の用にもならないらしく、この先の人生、何を目印にしていけばいいんだろうと悩むのだった。(本当のノー天気マシは口ばっかりで、先のそんなこと考えないからね。いやいや[生命保険そろそろ解約しようか]とユミコちゃんと相談しているのは人生(終活)を考えている証拠かな。割り増しになった生命保険金が高くて払いきれないよ〜 (逝くなら保険有効な内にしてねとユミコちゃんが俺にほほえむのだ。おい、それって数ヶ月以内に来てしまうではないか)



自宅9:00〜土山峠9:45〜登山道入口9:55〜P525m10:30_35〜土山峠11:15〜自宅12:00 20170528