煤ヶ谷高取山〜華厳山 


 二日続きで神奈中が動かないなんて、俺様的には未曾有のこと。

 子供の頃、大雪が降った。
 二日後に町に出る人が通る為の道が隣近所総出で踏まれ、車が走れるようになったのはさらにその三日後ぐらいだったかな。こどもだから大人の大雪苦労なんて知らない。学校臨時休校になった。勉強嫌いの子供にとっては臨時のボーナスのようなもので単純に嬉しかった。いろいろ遊んだと思う。細かくは覚えていないが、その中で記憶にあるのは雪捨て場に雪洞ほって遊んだことだ。ずいぶんと昔のことなのに忘れがたいのは次のことを覚えているからだ。
 家々がかきだした雪の捨て場は通り横を流れる川の河原だ。今ではドブのにおいぷんぷんの汚い川だが、当時は野菜や衣服などはそこで洗っていたほどの清い流れであり、夏休みには堰き止めてプールにして遊んだその場所が雪捨て場となっていて、道路面より河床は2.5m低く、そこに積まれて雪を入り口から掘り下げて作った雪洞だ。
 炭のコンロで家から持ち出した甘酒を暖めて飲んで、定番のトランプ遊びなんかして、

 一人が頭が痛いと雪洞からはいずりでたらしい。俺は、そこらのこと覚えていない。誰だったかも忘れて。ともかくも一人がが外に出たらしい。外に出たが、腰が上げられなかったという。なんか変だぞ。
 それを近所のおばちゃんが見ていた。おばちゃんというのは何を隠そうマシラが乳飲み子の頃の子守だったAちゃんである。おれはお嫁に行く前のAちゃんのぷりぷりおっぱいにしがみついて育ったんだ。この顛末も後日にAちゃんから聞いたこと。

 声をかけたが返事なく、どうも様子が変だぞ。そう感じて大声を発し、それ聞いた大人が出てきて雪洞の中にいた子供を外に引きずり出した。全部で十数人いたと思う。マシラもその中の一人で引きずり出されたのは覚えている。救急車が来て何人かは病院に運ばれていった。軽く済んだらしく全員がその日のうちに自宅に帰ったという。事は一酸化炭素中毒だったと聞く。練炭こたつの中に入り込んだ猫が死んだことがあったが、甘酒わかす方にしか感心なく、大きい子もいたので、そういうことは連れられ遊んでいる俺らジャリっ子の責任外であって、そういう責任逃れを今でも同じようにやっているなあ、低いところに危険なガスが溜まっているなどとは全然思ってもなかった。

 それに比べれば、町中では積雪は20cmほどだし、これくらいで大雪などと言うこともないだろう。なのにバスは動かない。神奈中のHPの運行情報16日AM5:00を確認したが厚木市内で動いているのは自宅近辺への一路線のみだった。

 何事のことがあろうか、これくらいのこと。今日も山に行くぜ。俺は

 とは言え、バスが動かない状況下では行くところは限られる。自転車で行くという方法もあるが、バスも走れない道を自転車で走るのはどうかなと思う、その程度の分別は持っている。走っている俺自身は転んだって雪面がクッションになってるからへっちゃらだが、雪面に車底をスリスリしながら二本の轍をレールにして走っている対向車からみたら邪魔以外の何ものでもない。轍をたどって歩く歩行者にとっても迷惑千万だ。それならば自宅から歩いていけるところとする。そのために昨日は、鳶尾山までトレーニングしたのだ。

大雪の翌日 千頭橋付近
バスは動かず、ここから歩いて山に行く


 家を出る。昨日は長靴だったが、今日は運動靴だ。長靴は膝下までなら快適だが、それより深いと口から入った雪が溶けた水が中に溜まってぐちゃぐちゃとして、それに冷たくてとても気分が悪い。運動具は防水性は全く無いが、他方靴の中に水はたまりはしない。入ったら端から外に抜ける。雪が深かろうが、浅かろうが濡れ具合は変わらない。内部が湿っぽいがぐちゃぐちゃと水が中で踊るまでにはならないのだ。少しくらい高価な登山靴であっても、低地の水の流れるような雪の中を歩けば時間の問題で内部は濡れてくる。運動靴はスパッツなんかつけたってあんまり関係なくて、多少の差はあっても濡れちゃう。だから大雪の時は長靴より運動靴の方が断然快適だ。長い距離を歩くための運動性も良い。深い雪の中で枝なんかに引っかかって靴が抜けちゃうなどという心配も少ない。あくまでも、気温が比較的厳しくない低地という条件下での使い分けなんだけどね。

 バス停には”運行中止”のビラが貼られていた。それでも道路には走る車が轍の中にアスファルトが見えている。ただし台数はとても少ない。固まりきっていない雪の歩道は歩きにくい。よって歩道ではなく車道を歩くのだ。対面から車が来たら反対車線に移動してやり過ごす。厚木市内に向かう車の轍は走る車の台数が多少多いらしく車のトレッドが砕けていて歩行が不安定で、宮ヶ瀬方向の方は堅いままでこちらの方が歩きやすい。だけど前を見て後ろを見て両方に気を遣わなければならないから、のんびりというわけには成らない。前を行くのはミニスカート姿のお嬢さんである。金曜日・もしくは前日にバスが止まり帰れなくなったのかなあ。そうなのに今日もバスが走らない。だから意を決して歩いて帰るんだろう。靴がローヒールだから何とか歩いているが、みるからに危なっかしい。通りかかりの誰か乗せてやれよ。俺はいいよ。遊びだから歩いていくわ。大山に朝日が当たってから数分で山から降りてきて道路を照らす。厚木を抜けて清川村に入る。若干標高が上がって日の当たらない日陰の道は除雪されていて一見は雪が無いが、昨日の暖気で雪が溶けて流れた水が凍結して表面を覆っている。これが滑るのだ。だから両手をポケットになんか入れてられない。腰を落としてスリップに備え、手袋をはめ直していつ転んでも擦り傷負わないように備えるのだ。大丈夫と思っていても滑るからな。こういうところで車がやってくると困る。車のタイヤ・CMではぐぐっと摩擦が利いて見事に止まるが、本当に大丈夫だろうか。カーブの出口で滑って横を通っている俺の方にそのまますべってこないだろうか。自分が転ぶこと、車が滑り込んでくる、そんなことが気になる。だけど車は少ない。自転車もいるが止めた方が良いよ。爺さんは特に、肘で受けているうちは良いが不意のスリップを喰らってそのうちに顔面制動するぜ。

寺鐘橋を渡り、雪かきの人の間を割って通らせていただき
茶畑を突っ切り、山には入る。
最初の頃、雪は浅かった
 寺鐘橋を渡る。
 山間の集落だ。数軒の総員出動のように雪掻きが行われているその脇を通るのって、雪かきの手を止めた子供らが「ええぇ 僕たちは親の言いつけで雪掻きなのに この親父は遊びかよ〜いいよな」 なんて感じの子供の視線を感じては例え神経がぶっ太くても気が引けるものだ。
 「すみません ちょっと そこの山へ」
 か細く言う顔、ほっぺが恥ずかしげに赤らむ。こうして雪かきの列を離れて雪をかぶった茶畑から山の斜面に取り組む。茶畑横の10mほどは雪面の上に乗れた。
 「おっ この調子で ずっといけたら」
 だけどそれはそこだけだった。斜面に移ると雪面は崩れ、坪足が始まる。でもなあ、最初は積雪20cmくらいだから、全然易しい。雪があっても無くともこれくらいならペースは同じようなものだ。山頂までこの調子で進んでいけたら、今日の山遊びは寺鐘橋から荻野高取山まで1時間でらくらくだぜ。ちょろいものだ。
 でもなあ、せっかく雪踏み来たのに、それでは全然物足りないじゃん。もちっと少し 手応えほしいよな。

 だけど
 それは大きな勘違い、
 山を甘く見すぎ。
 切り開きから見える大山は青く高く。手前には清水ヶ丘の住宅が見えたところを過ぎ、次の登りにかかると雪が深くなった。といってもアンテナが立つピークまでは膝のあたりは40〜50cm程度、時に腰まで落ちることもあるが、それは雪の下で道がくぼんでいるところを歩いたからであり、そこを避けるように尾根の上ではなく、風上側に少し下がった雪の少なそうなところを選んで歩けば、うまくいけば30cmほどで済む場合もある。
 まあまあ、こんなもんでしょうというほどの、まあちょうど遊び歩きにはよい具合の雪だった。

白く輝く清水ヶ丘の住宅
正面の山は鐘ヶ岳
大山のアンテナ山頂が右上に
 だが、
 それも煤ヶ谷高取山の登りにかかると違った。すべての一歩が腰までの深さになってしまった。そうなってから助けになる杖はないかと探したが、雪の下に隠れていて立木以外に杖になりそうなのはない。その立木もここらは山の手入れが多くされていて、容易に手で折れるほどの太さの雑木は見あたらない。準備に用意が悪かった。早めに手配しておけば、寺鐘橋あたりで用意しておくんだった。
 そうなってからでは手遅れ。良いのはないので次善として杉の木から枯れたように見える枝を一本拝借する。
 深い雪の中での急登りはきつい。腰の上までになれば、膝で雪面を崩してから足を乗せることになる。足底で踏めば雪下の地面まで潜り込むように雪は柔らかい。膝を雪に乗せるように体重を膝と靴底に分散すれば沈まない場合もある。根っ子のところは木の熱で雪が溶け、もしくは梢の葉っぱで降雪が少ないからか10cm〜40cm位の深さのところがあるので、そういうところをつないでいくが、木の間隔が遠いとそれもできないし、木の根っこ部分の場合の方がさらに下にまで踏み抜く場合もあって、この手は有効で無くなる。そうなると力任せに上っていくことになる。一歩一歩が重い。歩幅は狭くなる。靴は浸透してくる湿り気でぐっしゃり。立木の木の枝が前進の場合の手がかりになる。鹿柵も半分くらい埋まっていて、その鹿柵の上から二段目・もしくは雪下の三段目の鋼線の上に乗ってラッセルを軽くするが、鹿柵はずっとは続いていないし、不安定なバラ線の上にはいつまでも乗ってはいられない。こういうのが長く続くと体が持たない。
 もう30分も続くなら、ここも敗退かもな。
 そう感じる頃に平坦部に乗る。460m秋葉山だ。石祠は雪の下に隠れていた。
 平坦にはなったが雪の深さは変わらない。それが浅くなるのは下りに入って、緩い傾斜の杉の木の下は風の通り道になっていて、ここらは雪が降った後に何回か来ているが常に雪は浅い。この下りでの雪の浅い箇所がなかったら、ここらで「もうだめ」と帰ったに違いないと思う。
 再び上り返す。登りは雪は深いが、ここの登りは長くない。P464m。右手の林間の向こうに採石された山の斜面が巨大なトーチカのように見えてくる。そして鞍部に向かって緩く下る。この下りは快適だ。風が降った雪のすべてを幅10mにわたって吹き飛ばしている。次の登りに備えて呼吸を整えられる。

雪が深くなる
浅いところを捜して歩くが辛い
煤ヶ谷高取山付近


 そして華厳山への登り。
 登りの最初は雪は浅い。このまま薄いままで………というか、ここは急傾斜なので、膝下くらいの固めの雪があれば、それが足場になって上りやすいのだが、雪がわずかに残る急斜面・岩がむき出しになっているところもあり、雪がない季節であっても登りだしの百mほどの急傾斜帯は気が抜けない。大きめの石・岩が左右に並んでいるところでその薄場が終わる。いくらか傾斜が緩くなる。だが、そこから雪が深くなって、それは山頂に向かって加速する。左手上に稜線が見える。あそこが荻野高取山から華厳山への稜線で、そこは稜線だから雪は少しは薄くなってるだろう。だからがんばって何とか、一歩ではなく、二歩か三歩連続でラッセルしようぜ。
 だがそれは気持ちだけであり、一歩足を上げるためにはまず息を整えて膝で崩したところを軽く踏んでからもう一度踏み直して、さあ、今日は膝上までの長靴下をはいてきた。化繊ではなく正真正銘のウールだ。四十年前の冬期登攀用のあまりだ。濡れた程度では雪の冷たさを遮断してくれる。それなしで膝ラッセルだったら今頃は腰の下が寒くてたまらなかっただろう。だけどその稜線あそこまでと思ってからが長い。いや距離は長くない。一歩に時間がかかりすぎているだけなのだ。10mを上るのに五回くらい休みを入れて

 ああ かんじきがあればなあ。
 冬の剣岳、新雪のラッセル。和かんじきつけても胸に達した。こんなの……かんじき利いてないじゃんと、はずしたら頭の上まで雪に潜ってしまった。ないよりある方が絶対に潜る深さが浅い。まして丹沢の湿っぽい雪ならばその効果はもっとずっと大きい。 なんていまここで言ったって無いものは無いのだ。

 こうして稜線に着いた。
 積雪は少しは浅くなったか
 いいや 全然。
 杉の枝の杖は1.3m位の長さだったが、握っている先端を残して他は埋まってしまうような深さだった。だから1.2mと書いても嘘じゃない。鳥獣保護看板から山頂までは緩い登りだ。雪の無い季節なら、意識するような距離ではないのだが、今日はここの緩い登りは無意識で歩いて済むような気楽さではなかった。そんなの頼りにしちゃあダメだと思いつつ、できるなら誰か雪を踏んでいてくれないかと一瞬おもう。立木の枝を前進する手助けにして、10mあと5mそんな思い。そしてようやく山頂だ。
 ところがその山頂付近だけは雪が薄い。風に飛ばされて雪が飛んでしまったらしい。木立の間から大山のアンテナが光って見えている。丹沢方向のもっと見通しのよいところがないか。経ヶ岳方向にいい場所がある。だけど、そこに行くには道を外れて行くのだが雪が深そうだった。腰を超える深さはもうたっぷり味わったからイイヤ。もう十分。

華厳山山頂直前
山頂に行くのにため息ついて一休みして二休みして
たった10mだって一気には進めない


 下り
 用野のゴルフ場に向かって下り出す。頂上付近は雪は浅い。風に飛ばされて剥げ上がっている感じである。土が出ている部分もかなりある。だけど所々に吹きだまりがあって、雪のないところで体に勢いつけていると、この雪で足だけに急ブレーキがかかって転がったりする。
 雪の日の下りではそれもまた楽しい。転がるところが雪の中なら。でも狙いがずれて泥の上に転がったり、勢い余って雪のエリアからはみ出して手袋真っ黒にしたりだったりしてさ、雪が均一でないところの下りは色々と難しい。

 その山頂付近では少なかった雪量は1/3ほどで本来の深さに戻って深くなる。登りで腰の上に感じたのと同じ程度の深さに達し、山頂で吹き飛ばされた雪がここらから下に吹きだまっているように感じる。
 普通なら山頂付近が深く、麓に向かって徐々に浅くなると思うのだが、ここでは下に行くに従って深くなる。傾斜がある下りなので登りほどには苦しくないが、もしも上るとなるとこちら側から上る方が苦しいように思われる。杉の林の急斜面は雪にまみれて雪にもまれるようにして下る。そうして
 さあゴルフ場である。ここからは踏まれた道を楽々と帰るか!

用野の登山道入り口に降りる(大沢口)
登山標識はごらんの通り
雪は深い
ここからのゴルフ場突っ切りがもっとも辛い雪中行進だった


 そう思っていた。
 利用の少ない市道が除雪されるかどうかわからないが、早く営業を再開したいと考えるゴルフ場なら少なくともカート道は除雪されているとおもっていた。
 雪面に薄く車の轍の跡がある。だけどそれは降雪中のものだったらしい。あるいは轍の跡ではなく、カート道を風のながれた痕跡なのかもしれない。轍のほかに誰かが歩いたらしい跡もわずかに残っている。山の中なら、これくらいでもラッセルを軽くしてくれるので大助かりだ。
 だが、ゴルフ場の道ったら
 日のあたりが少ないカート道の表面は堅い。クラフトしている。だけど上に乗って耐えるほどには堅くなく、上に乗ると体重を支えるかの思いを期待させるが、ことごとく表面が壊れて中に沈む。だったら最初から雪面を蹴り上げて壊して進むが、表面が堅いから蹴った足の臑が痛い。雪は全然浅くなく、膝上にまで達する。こんなでも山の登りほどにはつらくないはずだが、もう終わりの予定だった気持ちがそのとき以上につらく感じさせてしまうらしい。
 誰もいないのだからと最短コースを行くかとゴルフ場中央を突っ切ろうとすると、さらに雪は深くなる。
 あああ市道を素直に歩けば良かった。こういうネガティブな思考はゴルフ場を抜けるまで続いた。



光る




用野では雪かきの真っ最中だ
人手に余り、重機で掻き出す。
金も手間も筋肉も大変だ。



 ゴルフ場からの出口は集落の突端だ。そこでは重機を動かして除雪の最中だった。捨雪の山を3m登り、一時的に止めていただいた重機の脇を通って先に抜ける。
 ここらでは昨日から連続で雪掻きだそうだ。筋肉痛でもうたまらんとか。積雪は40〜60cm 見たことが無いくらいの大雪だとうんざり顔したおばあさんが嘆いていた。
 バス停に着くと本日運休中 昨日から変わっていない。
 ただし轍の幅が昨日よりは広がり。轍には溶け出た水が流れていた。それに車の数が昨日より多い。人の歩く歩道の雪はゆるんで昨日よりは歩きにくい。車道も車の台数が増えた分だけ横に避ける回数が増えて歩きにくい。バスはいつから正常運行するんだろうか。
 二時間ほど歩いて自宅に帰る。



自宅7:00〜寺鐘橋8:05〜アンテナ山(P327)8:50〜秋葉山〜煤ヶ谷高取山P464m〜鞍部10:05〜華厳山11:00_05〜用野のゴルフ場へ11:30〜上荻野12:10〜鳶尾〜自宅着14:00 20140216 本日は家を出てから帰るまですべて徒歩