2cm、3cmの雪が大雪ねえ〜 大げさ
 通ぶって「都会人は嫌だね 北陸の山ん中では2mを越す雪が降ったって誰も助けても騒いでもくれないのに」なんて呟くのはもっと嫌だねえ
 どうせ騒ぐなら「雪降ろし中に事故にあった人の事故なんて地元でも小さくしか報道されないのに 滑ったのだ転んだのだなんてところに公共の電波をあふれるように使ってなんかいるからホリエモンに隙を見られるんだ」とでも自分自身にほざいたらどうなんだい。
 なんて言うマシラも雪が降ると「あっ雪だ」なんて叫んで正直言えば少しときめく。でもね雪が降ると心配なこともあるんだ。大雪になって輸送機関が特別体制をとっていますなんて報道されると

 「今日は請負のスタッフの出勤率は95%を越えて出社してくれるんだろうか」と言うことなんだ。大雨が降っても同じだし、台風が来るときも同じなんだけど、24時間・日曜日朝までのフル生産でようやっと注文分の生産をやりくりしているので、万が一にも操業停止なんて事になると取り返しのしようが無いのが辛い。そんな時、天候不順なんて俺の性じゃないやい。だから「ちゃんと頼んだ分を契約通り作ってくれよ」
 「耳がそろえられないなら損害賠償ダ!〜」と請負会社が悪天時の出勤率を確保するために涙の出るような努力をしているのにほうかむりして迫るほどの鬼にはとうていなれず、ただただ発注先に「ごめん」と頭を下げるしかないのさ。いい人では会社がなっていかないのは分かっているけど、ここらあたりがマシラの会社人としての限界!
鬼になれるアンタは偉い。それでこそ相手も強く鍛えられ基盤強化につながるというものさ。かくて、あなたは鬼から神に昇華する。当然つぶれる会社も出てくるけれども、それは仕方ないこと。だから後ろからやれやれなんて言ってるだけでなく最前線に出てやってみてよ。そして、あなたの家族に向かっても親族に向かっても同じ態度を貫ぬいてよね。強く当たることがパートナーを鍛えるんだし相手のためになると言うんなら、本来のパートナーたる家族にこそ同じ手が取れないなんてことないでしょ。それが理屈というもの。もしそうでなかったらアンタは似非人 二重規範人間
 たとえ会社で神といわれようと身内にだけ甘い二重規範人間は尊敬に値しない。家族にそんな態度がとれるかよ。俺に見せてくれ
 誰に向かって言うでもないグチグチ・グチだから気にしないで 読み飛ばし 読み流しだよ、この行は

 そんな天気予報では『夜から大雪;明日の日中にかけ10〜15cm 山沿いだからアンタの所は20cmは行くでしょう!』と言われてはいたが夜が明けたときには雨で、その後に少し雪は降ったが精々2cmがとこということで済んでホッとした。心配事はとりあえず解消だ。こんな話を開発・設計の人に言うと「そんな愚痴を言わないで3年先・5年先のことをアンタは考えないとダメ」と言われるけど、そんな夢の話は製造の最前線ではわたごとさ。いまの刹那が重いんだよ!

 しかし、この雪は山はどうだろう。またまた新雪が降ることで里山では藪が埋まって山道は歩きやすくなるに違いない。遠くに出かける気力は無いから、よし今日は近場にしよう。

左 鐘ヶ岳 中央 大山

 自宅を五時にでる。まだ真っ暗なのに街灯の下を既にウォーキングの人が二・三歩いているのが異様で自分もその一人。千頭橋から飯山街道を歩く。飯山観音を過ぎた志田原・尼寺あたりで夜が明ける。「もう30分は早く出てきても良かったかな」予想より夜が明ける時間は早くなっていて、「そうか、もう二週間もたてばお中日じゃん」雪にまみれた一の倉を絶対に見に行こうと決めていたのに、お彼岸を過ぎれば、またまた来年に持ち越しだななんて思い出す。
 上舟沢のコージ・コーナーの社員寮を過ぎ、カーブを大きく曲がり前方にコンビニが見える坂(御門橋)の手前で寺鐘橋を渡る。すぐに茶畑が広がり、左に折れると脇には紅梅が薫る。その先に小さな社があり、今日は華厳山から伸びるこの尾根を伝って雪を楽しみに歩こうということである。
 しかし、もう少しは残っているかと思った雪は日陰の石垣の下にわずかに残っているのみで、寒波が来襲して厳しい寒さが残るでしょうと言っていた天気予報が雪という現象を情緒で捉えて雪=厳冬だと言いくるめる嘘っぱちだということを教えてくれる。まっ里山で都合良く雪遊びをしようなんていうマシラのほうがよっぽどご都合主義かもしれんから大きな事は言えないな。

自然石の社(中里への分岐)
 社の裏から濡れた泥の斜面に取り付き、鹿柵を一つ越す。その先からは小尾根に踏まれた明瞭な仕事道が続く。ひとしきり斜面を登ると平坦になる。雑木を切り開いた眼下に尾崎から煤ヶ谷にかけての家々が望める。鐘ヶ岳東面には雛壇に飾られたかのように金翔の家々は思いの外に多く、その奥には大山がそびえて穏やかに広がり何らや懐かしい風景である。ゴルフ場がうまく山陰に隠れてみえないのも良い。
 ここからのアップダウンは華厳山直下までなだらかである。だからかどんなアップがあって、どんなピークがあり、下降があったのかマシラはしかとは覚えていない。うろ覚えのままに書き出すね。以下、正確には地形とあっていないかも、そのつもりで用心して読んでくれよな

 もう一度小さく登ると中里(尾崎〜煤ヶ谷の間の川べりの集落)からの仕事道が合する。合流点には自然石でできた社があり(人為的な構成になっている)、この場所から昨日に一人の人が下っていった痕跡が薄い雪の上に残されている。
(ここがP327mあたりに相当か)
 尾根上では倒木やはみ出して覆い被さる雑木がつい最近に切りそろえられ、想像するよりはこの場所を歩く人は多そうである。平坦からわずかに下り、もう一度なだらかに上がるとテレビアンテナ塔がたち、アンテナ線は煤ヶ谷に下っていく。いったい、どこが地図上で示されるP464mなのだろうか。地形図を持ってきて、それと比べれば地形音痴のマシラでも何とか現在地を「ここだ」と示せるかもしれないが、平坦で特徴の少ない尾根では地形に従ってただ歩いて行くよりしょうがない。明快な尾根が続くし、それにこの尾根を下降に使ってくれた先行者の足跡も残るので迷いようもない。雪が徐々に深くなり、少しばかり急な斜面を一つ登る。木々の間から見える高取山からの稜線とは少し離れているような気もするが、この登りで華厳山に着くのかな。しかし、まだまだ先があるようだった。鹿柵を右に見て、その斜面を登りきった所に石祠があった。この石祠を華厳山方向から見れば、右が今現在登ってきた南尾根にあたり、左に降りて行けば華厳橋方向に伸びる尾根になる。標石に刻まれているのは『秋葉社』それは火伏の神様だから、このあたりの山主が山火事難儀を除する思いと、この場所が尾根の分岐に当たる地点としての目印としての役割を期待して立てたのだろう。

P464m付近 雪が深くなる

 石祠からは雪はぐっと深くなる。とは言っても10cm、日陰の深いところで30cmくらいかな。どこがP464mかも分からずに、やがて小さな峠に下る。その峠は標高は高くもないけど、風が強く、あたりには雪が積もっているのに、そこだけきれいに吹き払われていて、ジャージに当たる風は1600mの稜線に当たるのと同じように冷たく頬が痛いくらいだった。
 峠からは急斜面の登りである。このあたりから斜面に消されて道も不鮮明。先行者の足跡も風に消されて所々で見えなくなっている。わずかな平地から鹿が四頭走り出す。踏み固めた様子から鹿の寝屋だったんだろう。このあたりは人里にも近いことから鳥獣保護区となっており、彼らにとっては、ここからはみ出しさえしなければ命を約束された格好の縄張り・テリトリーなんだろうと思う。その斜面を立木を支えにして登り切る。踏み跡が高取山方向から登っている。華厳山から先には足跡がないことから、先行者は高取山方向から華厳山まで登り、頂稜から南尾根に迷わず下降していったんだ。このコース選択は詳しい人でなければできないだろうと思う。

鹿の泊まり家

 華厳山からは経ヶ岳に向かう。でも最初の一歩から方向を間違った。あたりは雪に覆われ道はもともと見分けられないのだが、用賀方向に入ってはいかんという気持ちが強すぎたのか、しばらく下った後で目を凝らして下を見れば彼方に人家が見える。どうも先週見た法論堂の家々らしい。「おっとっとイケネ」登り返すのは面倒だから、雪が積もっているのを幸いに、そこからは斜面を部分的には腰あたり迄の雪を分け、15分も横断して経ヶ岳への本来の道に帰る。雪がなければ足が流されて藪に流される斜面も、雪が着けば、こうやって横断できる場合もあるんだ。ただし、この場所を次に歩く人には「あっ道間違いメッケ」なんて笑われるかもしれないな。俺の踏み跡に入り込むと苦しいから間違わないでね。
 華厳山から経ヶ岳の間にはトレースがなかった。経ヶ岳から半原越方向にも踏み跡はなかったが、関東ふれあいの道は数人が昨日歩いた跡がしっかりと残っていた。今日はP448mを通ってゴルフ場に下る尾根に入る予定だったんだが、その入り口らしき場所にトラロープが張ってあり、間違いないらしいのだが、山には雲が架かり下が見えず、そんな場合「天気不安定」なんていう予報が思い起こされるんだよね。もし、道に迷ってしまったらどうしましょう。里山で無謀登山者がなんて、笑われても良いけどさ、まだ死にたくはないよ。
 
下降路(田代への道) 山頂付近は雲の中
 結局、登ってくる人が二・三いた関東ふれあいの道(下半は地元では山菜メーン街道に相当する)を忠実に下り、平山坂上からバスに乗って帰ることにする。途中から用賀に下る道には気が付かなかったな。

 鳶尾山入り口バス停には「西山の自然を守りましょう」の看板が立っている。立派な大看板である。だれが立てたか黄色いチラシの面々か。少しばかり期待はしている。効果はいかに

 これに関連してちょっと思い出すことがあった。(以下 追記)
 経ヶ岳より北側の半原越・そして仏果山方面は山道がしっかり整備されている。反面、経ヶ岳を過ぎての高取山方向はどうかというと、20年ほど前に歩いただけの記憶なんだけど高取山から飯山方面、あるいは宮の里に下るとすれば、これは比べようもないほど貧弱で悲惨な道である。この差はいったいどこから来ているんだろう。行政の怠慢の結果だと言いたい人は大勢いるだろう。かけている金が違うんだとね。でもさ、春先にこの山のあたりに来てごらん。半原越から経ヶ岳にかけて大勢の人々が山道の補修作業を行っている場面にきっと遭遇するとおもうよ。何回も見たよ。見た感じだけで直接にその人達に聞いて確かめたわけではないけど、きっと自治会か奉仕会のボランティア活動だと俺は見たね。あるいは共有林の手入れだったかも。ともかくも働きかけが行政からあったか否かは知らないが、行政が金をかけてというよりみんなの共有地をみんなで守ろうとして動いているとマシラには思えたね。大勢の手間がかかって山の整備がされているんだよ。このあたりは愛川町の範囲かな。南尾根は清川村だよね。山菜の時期なんか人が大勢が入っているとおもうよ。それが高取山までくるとぼこぼこでクモの巣がはるような獣道と言われても返す言葉のないような道に一変する。山菜取りも少ないに違いない。進入禁止のバラ線柵だけはりっぱらしけどさ。このへんは厚木市なんだよな。こんな状態を長年ほっといたのは行政だけの怠慢だろうかね。もちろん、誰かと結託したい行政は意識的に手間を惜しんでいたと思うよ。「こんな所に市道の線を引きやがって」とね。
 しかし、いや言い方を代えようか。行政の怠慢を許してきたのは、こんな状態でも良しとしてきた厚木市民の意識がそうさせたんじゃないかな。税金だしているんだから行政が整備して当然とね。金はだしても自分たちの手間は惜しんでいたのでは無いのかな。道の状態を見ていれば山への愛着の程度に大きな差があると感じてしまうのはマシラの独善かな。そしていよいよ山が削られるなんて事態になってはじめて、それでも気が付かないよりはこのほうがいいんだろうが、さも私は正義の味方とばかりに「自然を守れ」と騒ぐ。あなたがたは、いままでの20年間、この山を守るために何をしてきましたか、山道整備をみんなで行ってきましたか。二・三の人の善意にすがって、あるいはその善意の存在さえ知らないままに今に来たのじゃなですか。もし、そうしてきたのなら、あるいはそう言う姿を示してきたのなら、そうだ半原越から経ヶ岳方面への道整備を行ってきた多くの人のような活動の見せていたら、山砂製造業者と行政が少しくらい結託しようとしても、彼らの胸の内に「それはまずいんじゃない」という自制心が働くと思う。えっ開発業者はそんなタマじゃない。たしかにそうかも。
 でもね、そんな大勢の市居のみんなの思いが、この高取山周辺には感じられないんだよな。道の貧弱さがそれを表している。そう思っているのは私だけかもしれないが。看板がそれを少しでも考えてみようかと思わせることが出きればいいだけどね。それを看板に期待している。

だけど、俺は西山無くなったっていいよ。厚木の市民として、こんなちんけな山に未練残してもしょうがないじゃん。自然はまもってほしいけど自分が働くのはまっぴらだなんて考えている人が多い町に何がやれるって言うんだよ。誰かが動いてくれるのを待てば良いのさと、この程度の民度だから大沢奥の山道は手入れもしないでほっとくのが自然のためだし、バリアフリーのためと称して大山にロープウェイを架けるのが自然と文化の融合をはかる文教都市としてふさわしい施策だなんて発想がでて当然だと思うんだよ。まったく文教が笑わせるよ。

こうして無責任にマシラが良い子ずらしてほざく。アンタだって動きなよと誰かが叫んでも動かないくせに


 今日、歩いてきたのは西山の一部らしい。里山であるが山菜の出る時期とか、大雪が降った後に歩けばアップダウンは少なく道の不鮮明な部分は限られ、今日よりも更に楽しい山歩きが楽しめるだろう。体力に自信が無い向きに特におすすめ


写真集です。




自宅5:00〜徒歩〜飯山街道〜御門橋(寺鐘橋)6:25〜南尾根〜P464m7:30〜稜線7:50〜華厳山7:55〜経ヶ岳8:25〜田代への道〜平山坂上(バス停)9:14〜バス9:18〜自宅9:40 2005/03/06 朝方は晴れ 南尾根も晴れていたが華厳山・経ヶ岳の頂上は雲の中だった。マリア・カラスの物憂いCDを二枚を聞き終える間に原稿は仕上げ、久しぶり今日は3時からフリーやることがない。良いだろう! でもアップは夜になってからにしよっと
おっととのんびりしすぎて自転車のパンク修理があったって夜になっておもいだしたけど、今日はもうまにあわないな。
頁トップへ  マシラのHP